技術成果-研究開発・技術-海润光伏
ハレオンソーラーは太陽光発電産業の革新と研究開発をするように努力し、項目垂直一体化戦略の要求に応じ、高質量シリコン材料、高効率モジュール技術の開発に目をつける。そして、それぞれの一環技術の融合と整合を重視し、その技術は業界の前列にある。

インゴット鋳造

ハレオンソーラーは2014年6月に先立って22台のG7インゴット炉の量産を実現し、生産量はG6の基礎の上に30%を高め、しかもシリコンウェハーの品質はG6インゴットより優れる。ハレオンソーラーは全部溶接高い効率のインゴット技術を堅持し、良品率は半分溶接技術より3%―5%高くなる。また、ピアノ線の高い砥粒固着能力を通じ、スライス切断能力を高め、切断時間を減らし、生産能力を増やし、スライスの総合コストを削減できた。ハレオンソーラーのシリコンの品質は業界の前列にあって、2016年にインゴットの生産能力の2GWの突破を実現する。

太陽電池

最適化の表面テクスチャー形成技術、ハイスクエア抵抗の浅く接合技術、マルチコーティング技術、精密なメタライズ化技術の整合を通じ、現在、多結晶シリコン太陽電池量産の平均効率は18.4%に達し、単結晶シリコン太陽電池量産の平均効率は19.8%に達し、それにTUVダブルPID耐性テスト(192時間)の認証を通過した。


製品差別化の面では、ハレオンソーラーは中国国内で最初にPERC太陽電池/ソーラーモジュール技術の開発を遂げた。PERC太陽電池の変換効率は20.5%以上に達し、ソーラーモジュール(60セル品)の出力は290Wに達し、ソーラーモジュールの信頼性の認証を完成し、なお量産能力を備えています。ハレオンソーラーは自主的にブラックシリコン太陽電池製品を開発し、伝統的な太陽電池と比べ、当社の太陽電池製品の効率は0.6%以上アップし、ソーラーモジュールの出力は5W以上アップした。


技術準備の面では、N型両面受光太陽電池/ソーラーモジュール技術の開発を遂げた。その中、太陽電池の正面、背面の変換効率はそれぞれ19.5%、18.4%に達し、ソーラーモジュールの等価出力は325W以上に達した。また、電気めっき処理の要らず、フルインクジェットプリントの第二世代のインクジェットプリント技術を開発した。この技術は2014年度の国家科学技術部により「863計画」プロジェクトの特別資金を取得した。


ソーラーモジュール

優良なインゴット鋳造工程、高効率の太陽電池技術と先進的なソーラーモジュール製造プロセスを通じ、ハレオンソーラーより生産された多結晶シリコンソーラーモジュールの変換効率は16.5%以上に達し、現在、量産の多結晶シリコンソーラーモジュール(60セル品)の出力は270Wに達した。同時に、ソーラーモジュールは素晴らしい耐PID性、優れた耐風圧、耐積雪の能力があり、品質が信頼できます。ソーラーモジュール製品はドイツのTUV、アメリカのUL、ヨーロッパのVDE、日本のJET、オーストラリアのCEC、イギリスのMCS、ブラジルのBV、中国のCQCなど国際権威機関の認証を得た。


ソーラーモジュール製品の多様化の面では、規模化生産の各類常規の多結晶シリコンソーラーモジュール、単結晶シリコンソーラーモジュール、二重ガラスソーラーモジュール、例えば:透明な二重ガラスソーラーモジュール、白色背景の二重ガラスソーラーモジュール、内蔵密閉式二重ガラスソーラーモジュールなどを除き、ハレオンソーラーはお客様に様々なカスタマイズのソーラーモジュールを設計・生産いたします。例えば、近海型ソーラーモジュール、超軽量型ソーラーモジュール、自清潔式ソーラーモジュール、分離型ジョイントボックスのソーラーモジュール、光熱ソーラーモジュール、耐圧1500Vのソーラーモジュール、非金属耐腐食フレームのソーラーモジュール、交流ソーラーモジュール、太陽光屋根瓦ソーラーモジュール、様々な出力のシリコンウェハー太陽電池セルのソーラーモジュールなど、お客様に高効率且つ優良品質の製品とサービスを提供いたします。


太陽光発電所

ソーラーモジュールの特徴により相応しく且つ最適化の隊列走行、追跡(固定可変架台及び単軸追跡など)の技術を組み合わせ、実際の地理状況に応じ、理想的な農業、漁光などと結びつける太陽光発電所ソリューションを考案。


発電所のスマートモニタリング技術及びPR知能分析技術を開発し、高精度のデータ収集、信頼できるデータ転送及び分析により、発電所に高効率の運営・保全を実現させ、発電所全体の収益を高めます。