研究開発について-研究開発・技術-海润光伏

ハレオンソーラーは経験豊富で創造性に富み、誇りをもって仕事に取り組む高素質の国際化研究開発チームを持っています。「国家レベルの研究開発センター」を中核とする研究開発プラットフォームがあり、世界基準でもトップクラスであるソーラー検測センター、研究開発作業場や研究開発試作・試験用生産ラインを作り上げた。研究開発センターは「垂直統合生産による一貫製造」という会社の戦略ニーズに基づき、高品質シリコン原料、高発電効率のシリコンセル、高変換効率のソーラーモジュール、及び太陽光発電システムの分野で広く深く研究を展開します。なお積極的に国内外のトップクラスの科学研究機構と密接に提携し、太陽光発電技術は世界の最先端に立ち、「江蘇省ポスドク革新的な実踐の基地」の一つとなった。

今まで、ハレオンソーラーは国と地方で863計画(国家高技術研究開発計画)など数十件の科学研究プロジェクトを引き受け、累計で特許を507件出願した。特許を273件取り、その中、発明特許が31件、特許出願の数量も連続5年少しずつ増加していき、特許出願の総量は中国メガソーラー企業における前列に立っています。

現在、研究開発センターが取得した省レベル以上の成果は下記の通り:

①江蘇省発展改革委員会により「江蘇省省レベルの変換効率の高いソーラーエネルギーシリコン電池研究センター」として認可された。

②中国国家発展改革委員会により「変換効率の高いソーラーエネルギーシリコン電池 国家・地方連合研究センター」として認可された。

③「江蘇省ポスドク革新的な実踐の基地」として認可された。

④「インクジェットプリント技術」のプロジェクトは科学技術部により「863計画」プロジェクトの特別資金を取得。

⑤「裏面接合型・裏面鈍化の高発電効率太陽電池の産業化プロジェクト」は中国国家発展改革委員会により戦略的新興産業の投資計画として認可された。

⑥ソーラー検測センターはTÜV目撃実験室の認証を通過。

⑦ソーラー検測センターはCNAS国家実験室の認証を通過。