会社概要-ハレオンについて-海润光伏
2004年に江蘇省江陰市に本社を置くハレオンソーラー(証券コード:600401)は、中国最大の結晶シリコン太陽電池の生産企業の一つです。我々は高発電効率の結晶シリコン太陽電池及び高変換効率のソーラーモジュールの研究開発と生産を基盤とし、世界中に太陽光発電所の開発、建設及び運営業務の開拓に力を入れ、世界トップクラスのエネルギー開発投資業者及び太陽光エネルギーのサプライヤーになるように力を注いでいます。2012年に上海証券取引所に上場し、証券コード600401、最高の時価総額が200億人民元にのぼりました。2014年9月に38億人民元の私募を順調に達成し、会社発展の新しいエピソードを開きました。

製品生産

ハレオンソーラーは中国国内に江蘇省と安徽省、雲南省に生産拠点が六つあり、従業員総数が6000を超え、製造業務が全産業チェーンを実現し、インゴット鋳造、スライス、電池セル、モジュールの全産業チェーンの生産能力が2GW /年に達します。傘下にある8箇所の製造工場はすべて中国国家工業情報化部が公表した《ソーラー製造業界規範条件》の企業名簿に入選され、結晶シリコン一貫生産能力が世界中に七位、国内に前三位となりました。さらに、ドイツ、香港、アメリカ、イタリア、スイス、日本、オーストラリア、南アフリカ、インドで子会社が設立され、世界中に120社以上の持株子会社を持っています。全世界をカバーするマーケティング・ネットワークを立ち上げられ、製品は国内外の国々(地域)にも広く販売されています。

発電所事業

ハレオンソーラーは2011年から太陽光発電所の投資開発業務を発足し、EPC、BTと自社所有の3つの形を通じ、世界中9つの国で、1.74GWの発電所プロジェクトを開発し、その中に、自社所有プロジェクトは約0.85GW、協力開発プロジェクトは約0.202GW、EPC総請負プロジェクトは約0.684GWあります。海外のブルガリア、ルーマニア、イタリア、日本、イギリス、インド、アメリカ、パキスタン、ヨルダンなどの国や区域で開発した発電所は順調に独立型発電を実現し、中国国内の12省で地上発電所と分散型発電所を建設し、業界内に先駆けて戦略転換や発電所投資業務の突破を実現する企業の一つとなります。我々のプロジェクト建設開発チームは六年近くのチーム建設と経験の積み重ねを通じ、専門プロジェクト開発建設チームとなり、毎年GWレベルの太陽光発電所の開発能力と建設能力を備えます。先駆け発電所業務を発展することは会社発展戦略の重点だと考えられます。

研究開発・技術

ハレオンソーラーの研究開発センターは中国国家発展改革委員会が公表した国家レベルの「エンジニアリング研究開発センター」と承認され、研究開発・試作のプラットフォームとして中等規模の試作・試験用生産ラインを2本持ち、更に物理、化学、信頼性などTUV TMPやCNAS基準を対応した国際レベルのソーラー検測センターを備えます。研究開発センターは「垂直統合生産による一貫製造」という戦略ニーズへの対応をめざし、高品質なシリコン原料、高発電効率の太陽電池と高変換効率のソーラーモジュール技術の開発と融合に着目しています。これまでに、研究開発センターは既に第四世代の高効率・多結晶、PERC太陽電池&ソーラーモジュール、耐PIDコーティング、ブラックシリコン太陽電池&ソーラーモジュール、N型両面受光太陽電池&ソーラーモジュールなどの技術の研究開発を遂げました。しかも国と地方で863計画(中国国家高技術研究開発計画)など数十件の科学研究プロジェクトを引き受け、2005年末まで、累計で特許を506件出願し、特許を288件取り、その中、発明特許が30件、特許出願の数量も連続5年に少しずつ増加していきました。

チーム編成

管理チームのメンバーは11つの違う国からきました。殆ど海外の名門大学や大学院の出身、なおフォーチュン・グローバル500企業での勤務背景があります。太陽光発電産業での仕事経験は全員10年以上で、中国の太陽光発電産業発展と一緒に歩んできたエリートです。このチームは太陽光発電産業がピークから谷間までの過程を何度も経験したことがあり、産業発展の法則を熟知し、国際化の視野を備え、各分野のグローバル資源の把握及び結集する能力を備え、ハレオンソーラーの発展に核心的な競争力となりました。

企業文化

ハレオンソーラーは「善良、正直、着実、精進」という核心的な価値観を旨とし、「刻苦奮闘する、焦らずおごり高ぶらず」という仕事態度と仕事ぶりを提唱し、文明をあがめ尊び、進歩を追求し、誠実な労働と創造で社会からの公平公正な評価と認可を得ることに力を尽くしています。社内で積極的に中華伝統文化の学習と伝播を提唱し、従業員が正しい人生観と価値観を確立するように導き、全員の凝集力と求心力を高め、会社の快速、健康、持続的な発展のために絶えない精神的な動力を提供します。

社会的責任

環境保全の面では、我々は内部の環境保全管理、省資源・省エネ、汚染低減・排出削減の制御及び環境保全技術の応用や開発など多方面の努力を通じ、自らの優位で発電所業界をますますグリーンになるように推進しています。従業員の生産・生活の面では、従業員の技能育成、安全教育を展開し、《人材発展計画の指針》を定め、いろいろな文芸娯楽イベントを催して従業员の生活を豊かにし、従業員のために団結で暖かく、前向きで元気な労働環境を作り上げました。公益事業の面では、我々は従業員に勉学援助、敬老、献血、植樹、労働奉仕などの多種の形を通じ、積極的に企業があるべきな社会的責任と義務を引き受け、しかもそれを会社発展戦略の重要な構成部分として、良好な人文環境を追求し、社会の発展に力を入れています。